Windows10で画面領域をキャプチャするためのSnippingToolコマンドライン-Winhelponline

Snipping Tool Command Line Capture Screen Region Windows 10 Winhelponline

2017年3月から4月にリリースが予定されているWindows10 Creators Updateには、記事に記載されているように、Win + Shift + Sショートカットキーを使用して画面領域をキャプチャする機能が含まれます。 Windows10の画面の一部のスクリーンショット[Winkey + Shift + S]

内容

SnippingToolを使用して画面領域をキャプチャするためのSnippingToolショートカットを作成する

Winkey + Shift + Sが不便な場合は、代わりにショートカットを作成して、Ctrl + Shift + Sなどの優先ホットキーを割り当てることができます。これは、SnippingToolの新しい文書化されていないスイッチを使用して可能になります。 /クリップ



Winkey + Shift + Sは、バックグラウンドでSnippingToolを呼び出すだけです。したがって、必要なのは、次のターゲットでショートカットを作成することだけです。



 C: Windows  System32  SnippingTool.exe / clip 

snippingtool.exe / clipコマンドライン



snippingtool.exe / clipコマンドライン

Ctrl + Shift + Sなどのホットキー、または任意のホットキーを割り当てます。必要に応じて、ショートカットをタスクバーに固定できます。ショートカットをクリックするか、割り当てられたホットキーを押すと、キャプチャモード(長方形の切り取り)が呼び出されます—非対話型モードでSnippingToolを起動します。

snippingtool.exe / clipコマンドライン



画面上の領域を選択してクリップボードにコピーします。ペイントブラシを開き、キャプチャした画像を貼り付けます。

snippingtool.exe / clipコマンドライン

Snipping Toolのデフォルトは、最後に使用されたSnipモードですか?

更新: 次のセクションは、v1809より古いバージョンのWindows10に適用されます。 v1809以降を使用している場合、コマンドは常に長方形の切り取りモードを起動するため、このスクリプトは必要ありません。

Snipping Toolは、ツールをインタラクティブに実行するときに最後に使用したキャプチャモードにデフォルト設定されることに注意してください(つまり、 /クリップ パラメータ)。たとえば、前回Snipping Toolをインタラクティブに実行したとき、またはを使用して実行したときに「ウィンドウクリップ」を選択した場合 /クリップ 、デフォルトでウィンドウスニップになります。これは、Microsoftが修正する必要のある小さな不具合です。

[スクリプト]常にSnippingTool.exe / clipを長方形の切り取りモードで起動する

ただし、最後に使用したモードに関係なく、常に長方形の切り取りモードで切り取りツールを開始するスクリプトを作成しました。

 '長方形の画面領域をクリップボードにキャプチャします-SnippingToolを非対話的に使用します。 '2017年1月20日にRameshSrinivasanによってWinhelponline.com用に作成されました。DimWshShell:Set WshShell = WScript.CreateObject(' Wscript.Shell ')'この値でSnippingToolキャプチャまたはSnipモードを設定します。 strSnipMode = 'HKCU  SOFTWARE  Microsoft  Windows  TabletPC  Snipping Tool  CaptureMode''CaptureModeDWORD値' 1-自由形式の切り取り '2-長方形の切り取り' 3-ウィンドウの切り取り '長方形の切り取りWshShellのCaptureModeを2に設定します。 RegWrite strSnipMode、2、 'REG_DWORD''SnippingToolを起動して画面領域をキャプチャしますWshShell.Run'snippingtool.exe / clip' ,, True Set WshShell = Nothing 

スクリプトの使用法

1.上記の行をメモ帳にコピーします。拡張子が.VBSのファイルを保存します。 snip.vbs

2.スクリプトを次のような永続的なフォルダに配置します d: scripts

3.次のターゲットを使用して、スクリプトへのデスクトップショートカットを作成します。

wscript.exe d: scripts  snip.vbs

4.ショートカットを右クリックして、[プロパティ]をクリックします

5. Snipping Tool(snippingtool.exe)アイコンをショートカットに割り当てます。

6.次のように、スクリプトショートカットにショートカットキーを割り当てます。 Ctrl + Shift + S

6.必要に応じて、スクリプトのショートカットをスタートメニューまたはタスクバーに固定します。

このショートカットをクリックすると、画面上の任意の領域をキャプチャできる長方形の切り取りモードが起動します。クリップボードの画像をペイントに貼り付けることができます。

新しいSnippingToolコマンドライン引数とWinkey + Shift + S機能はで利用可能であることに注意してください。 Windows 10 Creators Update プレビュービルド14997/1502以降、これらの機能により、2017年3月または4月に予定されている最終リリースになります。


1つの小さなリクエスト:この投稿が気に入ったら、共有してください。

あなたからの1つの「小さな」共有はこのブログの成長に真剣に大いに役立つでしょう。いくつかの素晴らしい提案:
  • ピンする!
  • お気に入りのブログ+ Facebook、Redditに共有してください
  • ツイートしてください!
読者の皆様、ご支援ありがとうございました。それはあなたの時間の10秒以上かかることはありません。共有ボタンはすぐ下にあります。 :)