HTML形式のWinDiffヘルプファイルの内容(windiff.hlp)-Winhelponline

Windiff Help File Contents Windiff

WinDiffヘルプファイル(windiff.hlp)の内容

  1. コマンドラインからWindiffを呼び出す
  2. ファイルメニュー
  3. 編集メニュー
  4. メニューを見る
  5. メニューを展開
  6. 拡張モード表示
  7. オプションメニュー
  8. マークメニュー
  9. ゼブラストライプ

ヘルプのヘルプについては、F1キーを押してください

Windiffは、ディレクトリまたはファイルを比較して、結果をグラフィカルに表示します。
グラフは数値の列に対するものであるため、これはDIFFに対するものです。

ダウンロード Microsoft WinDiff

ファイル名:Windiff.zip SHA256:95A2183D939FB888E517ACFDC06240CA7A21A9AF925D0404CCE7C86666A8E5B1

コマンドラインからWindiffを呼び出す

windiffを呼び出して、メニューを使用して比較を定義できるようにするには、次のように入力します。



ウィンディフ

コマンドラインフラグ



コマンドラインのどこにでも、次のいずれかを含めて、windiffの動作を変更できます。

  • -D 1つのディレクトリのみを比較する(つまり、サブディレクトリを無視する)
  • -または アウトラインモードのままにする。デフォルトでは、単一ファイルの比較が展開されます。これは、拡張に時間がかかり、あまり意味がない非常に大きなファイルやバイナリファイルを比較する場合に役立ちます。
  • -N名 NET SENDを実行して、比較の終了を通知する名前を付けます。これは、何千ものファイルを含む非常に長い比較に役立ちます。
  • -S [saveopts] savefile 比較の結果をsavefileに保存します。これにより、アウトラインモードリストが保存されます。これは、ディレクトリを比較する場合にのみ役立ちます。

    [saveopts]は任意の組み合わせです

    • s 両方のディレクトリに同じファイルを含める
    • l 左側(つまり最初の)ディレクトリにのみあるファイルを含める
    • r 右側(つまり2番目)のディレクトリにのみあるファイルを含める
    • d 2つのディレクトリで異なるファイルを含める
    • バツ 結果が保存された後に終了します。
  • -? これらのコマンドラインフラグに対して、状況依存の構文ヘルプを即座に提供します(常に試す価値があります)

    「-」の代わりに「/」を使用してフラグのプレフィックスを付けることができます。これは同じ意味です。



Windiffは、1つまたは2つのパスで呼び出すことができます。 2番目のパスは、デフォルトで現在のディレクトリになります。両方のパスがディレクトリである(またはデフォルトで設定されている)場合は、ディレクトリ全体を比較します。一方のパスがファイルの場合、そのファイルをもう一方のディレクトリにある同じ名前のファイルと比較します。両方のパスがファイルの場合、2つのファイルを比較します。最も一般的なケースは次のとおりです。

別のディレクトリにあるファイルをこのディレクトリにある同じ名前のファイルと比較するには、次のように入力します。

Windiff path_to_other_file

別のディレクトリ全体を現在のディレクトリと比較するには、次のように入力します。

Windiffpath_to_other_directory

2つのディレクトリ(サブディレクトリを含む)を比較するには、次のように入力します

Windiff path_to_first_directory path_to_second_directory

2つのファイルを比較するには

Windiff path_to_first_file path_to_second_file

ファイルメニュー

  • ファイルを比較… 比較する2つのファイルのそれぞれについてファイルを開くダイアログが表示されます
  • ディレクトリを比較… 比較のために2つのディレクトリ名を入力できるダイアログが表示されます
  • 中絶 操作が進行中でない限り、灰色になります。次に、その操作を完了する前に終了できるようにします。これが灰色になっていない場合は、ウィンドウの右上に同じ機能を持つ[中止]ボタンもあります。
  • ファイルリストを保存 (同じ、異なる、左側のみ、または右側のみ)ファイルのリストを保存できます。さらに、各ファイルのチェックサムを保存できます。
  • ファイルのコピー… ファイルをディスクに書き込むことができるダイアログが表示されます。これは、2つのディレクトリを同期しようとしている場合に役立ちます。
  • 印刷 現在のビュー(アウトラインまたは展開)を印刷します

編集メニュー

左のファイルを編集 左側のファイルでエディター(デフォルトはメモ帳)を呼び出します。編集後、ファイルが再比較されます。

正しいファイルを編集する 右側のファイルでエディター(デフォルトはメモ帳)を呼び出します。編集後、ファイルが再比較されます。

コンポジットファイルを編集する 2つのファイルの合成として作成されたファイルに対してエディター(デフォルトはメモ帳)を呼び出します。このファイルの最初の4列は、各行の比較ステータスを示しています。次のように:

  • !> この行は右側のファイルにあります
  • 行は左側のファイルにあります
  • <- 行が移動されました。これは、左側のファイルでの位置を示しています->行が移動されました。これは、右側のファイル内の位置を示しています。
  • (4つの空白)は、2つのファイルの行が同じであることを示します。 (オプションで許可されている場合、空白は異なる場合があります)

    編集後、ファイルが再比較されます。

セットエディタ コマンドラインを指定して、選択したエディターを選択できます。文字列 '%p' 編集するファイルの名前と文字列に置き換えられます '%l' 行番号に置き換えられます。デフォルトでは、次の行でメモ帳を呼び出します。 'メモ帳%p' 洗練されたエディターを使用する場合は、 の%p-#%l '


メニューを見る

  • 概要 それぞれのステータスを含むファイルのリストを表示します
  • 展開 選択したファイルの詳細な比較を示します
  • 画像 は、左側に比較を図で示しています(画像をオフにすると、画面のスペースが節約されます)。
  • 以前の変更(F7) ファイル間の前の相違点に戻るか、アウトラインモードでステータスが「異なる」前のファイルにスキップします。
  • 次の変更(F8) ファイル間の次の相違点にスキップするか、アウトラインモードでステータスが「異なる」次のファイルにスキップします
  • 選択したファイルを再スキャンします 選択したファイルを再比較します。何らかの理由でファイルが読み取れない場合(たとえば、別のプロセスによってDENY_READで開かれたためにアクセスが拒否された場合)、これにより、そのファイルに対して再試行できます。これは、特に何千ものファイルを含む大規模な比較を行うときに、ルーズエンドを整理するのに役立ちます。

メニューを展開

  • 左のファイルのみ 左側のファイルの行のみを表示します(ただし、変更された行を強調するために色が付けられています)
  • 正しいファイルのみ 右側のファイルの行のみを表示します(ただし、変更された行を強調するために色が付けられています)
  • 両方のファイル (デフォルト)は両方のファイルのマージを示します。左側のファイルのすべての行は、右側のファイルの場合と同様に、そのファイルで発生する順序で表示されます。移動された行は2回発生します。1回は左側のファイルの行の位置に、もう1回は右側のファイルの位置にあります。
  • 左の行番号 左側のファイルに基づいて行番号が表示されます
  • 右の行番号 右側のファイルに基づいて行番号が表示されます
  • 行番号なし 行番号をオフにします。これにより、画面のスペースがいくらか節約されます。

拡張モード表示

  • 赤い背景 左側のファイルを意味します。
  • 黄色の背景 右側のファイルを意味します。

WindiffがWindiffother_directoryとして呼び出された場合、赤はother_directoryを意味し、黄色は現在のディレクトリを意味します。

  • 白色の背景 両方のファイルに共通を意味します
  • 青いテキスト 行がテキスト移動されることを意味します
  • 黒のテキスト 同一(白い背景)または異なる(色付きの背景)テキストを意味します。
  • 緑のテキスト windiffは、他のファイルに対応する同様の行があると考えていることを意味します(を参照) ゼブラストライプ

オプションメニュー

空白を無視する 展開されたビューで空白文字(スペース、タブ、改行)が無視されるため、空白のみが異なる行は同一として表示されます。

単色 モノクロディスプレイに適した色を使用しています。

次の4つのオプションは、アウトラインモードで表示されるファイル(存在する場合)を制御します。

  • 同一のファイルを表示する 各パスで同一のファイルを含める
  • 左のみのファイルを表示 左側のパスでのみ発生するファイルを含める
  • 右のみのファイルを表示 右側のパスでのみ発生するファイルを含める
  • さまざまなファイルを表示する 両方のパスで発生するが、同じではないファイルを含めます。

マークメニュー

マークは、特定のファイルを比較に含めたり、比較から除外したりできるようにするために使用されます。

マークファイル 選択したファイルをマークします マークパターン… 部分文字列または正規表現を指定できるダイアログが表示され、
このパターンに一致するすべてのファイルにマークを付けます。

  • '$' 手段 「文字列の終わり」
  • '\' 手段 ''
  • '。' 手段 '。'

したがって、すべてのファイルに拡張子を付けるには 'obj' 式は次のようになります ' .obj $'

マークされたファイルを非表示にする 表示されたリストから、マークされたすべてのファイル(およびマークされた将来のファイル)を削除します

トグルマーク状態 マークされていないすべてのファイルをマークし、マークされているすべてのファイルをマーク解除します。表示したいファイルを選択する場合は、それらにマークを付け、マークされたファイルを非表示にし(ファイルは消えます)、マークの状態を切り替えます(ファイルは再び表示され、残りは消えます)。


ゼブラストライプ

一致する可能性のあるファイルのそのような部分を一致させた後、Windiffは残りの部分を調べます。異なるが対応するセクションがある場合、ファイル間で一致する前の部分と後の部分の意味で、windiffは行をブロックとして表示するかどうかを選択できます。

両方のファイルに共通の前の行最初のファイルとは異なる最初の行 最初のファイルから2番目の異なる行 2番目のファイルとは異なる最初の行 2番目のファイルから2番目の異なる行両方のファイルに共通またはインターリーブされた次の行。例えば両方のファイルに共通最初のファイルとは異なる最初の行 2番目のファイルとは異なる最初の行 最初のファイルから2番目の異なる行 2番目のファイルから2番目の異なる行両方のファイルに共通の次の行

Windiffは、ヒューリスティックを使用して、2つのファイルの行が類似しているかどうかを判断します。それらが類似していると判断した場合はインターリーブして表示し、そうでない場合はブロックとして表示します。ヒューリスティックは、洗練された低速ではなく、実行が高速です。時々、それが反対の選択をしたことを望むでしょう。


1つの小さなリクエスト:この投稿が気に入ったら、共有してください。

あなたからの1つの「小さな」共有はこのブログの成長に真剣に大いに役立つでしょう。いくつかの素晴らしい提案:
  • ピンする!
  • お気に入りのブログ+ Facebook、Redditに共有してください
  • ツイートしてください!
読者の皆様、ご支援ありがとうございました。それはあなたの時間の10秒以上かかることはありません。共有ボタンはすぐ下にあります。 :)