Windows 10は、Outlook、Edge、Chromeなどのパスワードを忘れます-Winhelponline

Windows 10 Forgets Passwords Outlook

Windows 10機能更新プログラムv2004をインストールした後、コンピューターはOutlook、Edge、Chromeブラウザー、およびその他のさまざまなプログラムに保存されているパスワードを記憶できない場合があります。これは、アプリケーション固有の問題ではなく、システム全体の問題です。 Windows 10v2004で発生する可能性のある症状の一部を次に示します。

  • Windows 10は、Microsoftアカウントのパスワードの入力を時々求めます。
  • ネットワークリソースまたはNASドライブにアクセスすると、資格情報が以前に保存されていても、毎回パスワードプロンプトが表示されます。
  • Microsoft Edge、Firefox、およびChromeブラウザは、以前にパスワードを保存したリソースにアクセスするために、パスワードの入力を求め続けます。
  • フォームとパスワードのオートコンプリートは、GoogleChromeやその他のアプリでは機能しません。
  • ウェブブラウザ(Chromeなど)によってローカルコンピュータに保存されているパスワードは消去されます。
  • Chromeウェブブラウザで同期が一時停止されます。
  • Chromeウェブブラウザ chrome:// signin-internals / ページは、「資格情報のロードが復号化エラーで失敗しました」というエラーを示します。
  • ログインするたびにOneDriveにサインインする必要があります。
  • Outlookは、数時間ごとにOffice365にログインするように要求し続けます。
  • メールクライアントのメールアカウントのパスワードは保存されないため、毎回入力する必要があります。
  • Adobe Acrobatは、PDFファイルを開くたびにAdobeの資格情報を要求し続けます。
  • Windows 10設定では、Windows Helloで再認証することにより、アカウント構成を定期的に修正する必要があります。
  • マップされたネットワークドライブ Windows 10v2004では機能しません。
  • Windows資格情報(資格情報マネージャー内)は、再起動するたびに消去されます。
    v2004資格情報のバグ-s4uタスクを使用するスケジューラー-資格情報を消去しました
  • イベントビューアでは、これら2つのエラーがに記録されます。 アプリケーションとサービスのログマイクロソフトウィンドウズ暗号-DPAPI運用 ログ。
    ログ名:Microsoft-Windows-Crypto-DPAPI /運用ソース:Microsoft-Windows-Crypto-DPAPI日付:イベントID:8196タスクカテゴリ:マスターキー操作レベル:エラーキーワード:マスターキー操作ユーザー:システムコンピューター:Vostro-3470説明: メモリ内のマスターキーの復号化に失敗しました ログ名:Microsoft-Windows-Crypto-DPAPI /運用ソース:Microsoft-Windows-Crypto-DPAPI日付:イベントID:8198タスクカテゴリ:データ保護運用レベル:エラーキーワード:データ保護運用ユーザー:システムコンピュータ:Vostro-3470説明: DPAPIUnprotectが失敗しました。   ステータス:0x8009000B   ReasonForFailure:マスターキーを取得できませんでした 

上記の症状は、これがWindows 10バージョン2004のシステム全体のバグであり、保存されている資格情報が正しく読み込まれないことを示しています。



解決

Windows 10 2004で資格情報/パスワードの記憶喪失を修正するには、いくつかの回避策または修正を示します。



解決策1:Microsoftアカウントに切り替えます

多くのユーザーは、Microsoftアカウントに切り替えると問題が解決することを示しています。ローカルアカウントを使用している場合は、[スタート]→[設定]→[アカウント]→[クリック]をクリックして、Microsoftアカウントに切り替えることができます。 代わりにMicrosoftアカウントでサインインしてください



  • すでにMicrosoftアカウントを使用している場合は、ローカルアカウントに切り替えて、Windowsを再起動し、Microsoftアカウントに戻します。
    ローカルアカウントまたはMicrosoftアカウントに切り替えます

(Microsoftアカウントに切り替えると、Windows10でデフォルトのアプリとカスタムファイルの関連付けを設定できないという問題も回避できることに注意してください。記事を参照してください。 Windows10でデフォルトのアプリまたはプログラムを変更できない 詳細については。)

参照:

システム全体のパスワード記憶喪失(v2004ビルド19041.173)-Microsoftコミュニティ:https://answers.microsoft.com/en-us/windows/forum/windows_10-performance/systemwide-password-amnesia-v2004-build-19041173/232381f8-e2c6- 4e8a-b01c-712fceb0e39e

解決策2:S4Uログインタイプを使用するスケジュールされたタスクを無効にする

Googleの脆弱性研究者であるTavisOrmandyは、非常に興味深いものを発見しました。彼は、Windows 10 v2004資格情報のバグが、を使用する1つ以上のスケジュールされたタスクによってトリガーされる可能性があることを確認しました。 S4U ログインタイプ。



このバグが原因で、Chromeブラウザから見た「認証情報の読み込みが復号化エラーで失敗しました」というエラーが発生しています。 chrome:// signin-internals / ページ。

v2004資格情報のバグ-Chromeトークンサービス資格情報の読み込みエラー

「TokenServiceLoadStatus」には、「資格情報の読み込みが復号化エラーで失敗しました」と表示されます。

Windowsタスクスケジューラは、ユーザーパスワードを保存せずに、特定のユーザーのアカウントで実行されるタスクを作成できます。これは「S4U」(ユーザー向けサービス)ログオンタイプとして知られています。

TASK_LOGON_S4Uは、ユーザー用サービス(S4U)ログオンを利用して、指定されたユーザーに代わってタスクを実行しますが、パスワードを保存する必要はありません。タスクスケジューラはローカルシステムアカウント内で実行されるため、S4Uログオンセッションを作成し、識別だけでなくローカルコンピューターでの偽装にも使用できるトークンを受け取ることができます。

見積もり:

いくつかのニュースがあります。原因を見つけたと思います。これは間違いなくWindowsのバグです。

TLDR:このバグが発生している場合は、「S4U」を使用してスケジュールされたタスクがあると思います。

確認し、管理者としてPowerShellコンソールを開き、これを貼り付ける方法は次のとおりです。

Get-ScheduledTask | foreach {If(([xml](Export-ScheduledTask -TaskName $ _。TaskName-TaskPath $_。TaskPath))。GetElementsByTagName( 'LogonType')。 '#text' -eq'S4U '){$ _。TaskName} }

タスクスケジューラを開いて、リストされているすべてのタスクを無効にすると、このバグはなくなると思います。

(これらのタスクが本当に必要な場合は、S4U以外にします。つまり、[パスワードを保存しない]チェックボックスをオンにします)

これは、UBPMがS4Uトークンの作成に使用するRPCが、lsassに保存されている資格情報を削除する場合があるためです。特に、保存された資格情報(またはそれらのハッシュ)はDPAPIユーザー暗号化キーを生成するために使用され、それらが削除されると、lsassは空の文字列のハッシュ(!!)を使用します。

S4Uについて読みたい場合は、短いスニペットがあります ここに

(上記の投稿を最初に見つけたのは、Microsoftフォーラムユーザーの「iFiredog」と「SumitDhiman」の功績です。)

参照:

1069383-CryptUnprotectDataの失敗後にTokenServiceの読み込みに失敗し、Cookieと同期がリセットされる-chromium:https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id = 1069383#c90

「S4U」タスクを特定して無効にします

上記のPowerShellコマンドのいずれかを(管理者として)実行して、を使用するスケジュールされたタスクのリストを見つけます。 S4U ログインタイプ。タスクのリストが表示される場合があります。ほとんどの場合、HPカスタマー参加(HPCustParticipation)、HPカスタマー満足度タスク、CarboniteアップグレードタスクなどのHPアプリがリストに表示されます。

ここでは、現在のコンピューターで「S4U」タイプを使用している2つのタスクを確認できます。

v2004資格情報のバグ-s4uタスクを使用するスケジューラ

Carboniteバックアップソフトウェアをインストールしている場合は、という名前のタスクがあります {5F6010C8-60E5-41f3-BF5B-C3AF5DBE12D4} タスクスケジューラライブラリにあります。

Carbonite更新タスク {5F6010C8-60E5-41f3-BF5B-C3AF5DBE12D4} 実行します CarboniteUpgrade.exe 毎日1時間ごと。そのため、S4Uベースのタスクが実行されるたびに、コンピューター上のWindows資格情報が消去されます。

リスト内の他のタスクは、S4Uを使用する「モニターをオフにする」カスタムタスクです。

  • タスクスケジューラを開き、上記の各タスクを見つけて、無効にします。または、タスクのログインを非S4Uタイプに変更します。つまり、チェックを外します。 パスワードを保存しないでください オプション、またはを使用して ユーザーがログオンしている場合にのみ実行 可能であればオプション。
    v2004資格情報のバグ-s4uタスクを使用するスケジューラ

これにより、プログラムに関係なく、システム全体の資格情報の問題が修正されます。

追記: この問題(Windows資格情報が消去される)は、2016年自体に報告されたようです。次のスレッドをチェックしてください。

一般的な資格情報を保持していないWindows資格情報マネージャー-WindowsServer:https://www.bleepingcomputer.com/forums/t/593411/windows-credential-manager-not-retaining-generic-credentials/

解決策3:以前のビルドに戻す

Windows 10v1903またはv1909には資格情報のバグはありませんでした。最近v2004機能アップデートをインストールした場合は、以前のバージョンにロールバックできます。これは、[設定]→[更新とセキュリティ]→[セキュリティ]から行うことができます。 以前のバージョンのWindows10に戻ります

ただし、 10日間のウィンドウ その前にロールバックする必要があります。

以前のビルドに戻る-10日間

マイクロソフトがv2004資格情報のバグの修正を発行したら(マイクロソフトは「ETAなし」と言っていますが、11月のどこかで予定されています)、v2004の最新ビルドにアップグレードできます。


1つの小さなリクエスト:この投稿が気に入ったら、共有してください。

あなたからの1つの「小さな」共有はこのブログの成長に真剣に大いに役立つでしょう。いくつかの素晴らしい提案:
  • ピンする!
  • お気に入りのブログ+ Facebook、Redditに共有してください
  • ツイートしてください!
読者の皆様、ご支援ありがとうございました。それはあなたの時間の10秒以上かかることはありません。共有ボタンはすぐ下にあります。 :)